内的自己の発見

  • 2015.01.11 Sunday
  • 14:10
紀元前1000年期 
ドイツの哲学者ヤスパースが名づけた
「枢軸の時代」すうじくのじだい

人間の統一的な中心として内的自己が発見された。

内なる自己の発見。

宗教的体験はプネウマ(霊)
解釈はソフィア(知恵) 
知恵はグノーシス(認識)

 
コメント
コメントする