ユングの外向型・内向型 定義

  • 2015.01.16 Friday
  • 19:36
ユングのタイプ論 定義 ユングの『タイプ論』から引用する。

内向型・外向型:一般的な構え。類型的な構えの違い。
この対立は根本的。はっきりわかる場合とそうでない場合があるが。
同じ家族でもある子供は内向的、別の子供は外向的。 無意識的本能的な基盤から来たものに違いない。

外向型:もっぱら客体や客観的な既成事実を基準にして自らを方向付け、そのため重要な決断や行動が主観的な意見ではなく客観的な状況に左右される場合、これを外向的な構えと呼ぶ。 これが習慣的になったものを外向的タイプと呼ぶ。彼の意識は外界へ向いている。

 外向型のもっている危険は、客体の中に引きずりこまれてしまい、その中で自分自身を見失ってしまうこと。この結果、身体的な症状が出ることが。

 外向型の無意識の中には強度の自己中心的傾向がある。無意識の構えは、意識の外向的な構えを効果的に補完するために、一種の内向的な性格を持つ。 無意識はエネルギーを主観的要素に、集中させる。客体や客観的な事実に従って方向付けがなされると、主観的な心の動き・意見・希望・欲求の多くが無理やり押さえつけられ、本来これらに注がれるべきエネルギーが失われてしまう。

 外向型の無意識の欲求は原始的、幼児的、利己的な性格を帯びる。意識の外向的な構えが徹底すればするほど、無意識の構えは時として、幼児性をはるかに超えた無軌道ともいえる残忍なエゴイズムを特徴とする。

 無意識が意識に対して絶対無条件の要求を押し付けてくるため、解き難い葛藤が生じるが、それは自分が何をしたいのかわからなくなり、何もする気がなくなってしまうとか、あるいは一度に何もかもやりたくなり、できないことにまで手を出そうとするといった形を取る。

 ※無意識は意識的な心理現象の中に常に顔を出しており、しかもそれがあまりにも多いので、ある性格特性のうちどれが意識的な人格のものでどれが無意識的な人格のものなのか、しばしば観察者が区別できなくなるほどである。

 思考と感情(判断する構え)を持った観察者は意識的な性格をよくとらえるが、感覚と直感(知覚する構え)を持った観察者は無意識的な性格に影響される。

・思考・感情、感覚・直感:個人が適応したり方向づけたりするとき自分の中で最も分化している機能を使う。

内向型:主観的要因とは、客体の作用と融合して新しい心的状況を作り出していく心理的働きないしは反応のことである。 主観的要因も外的な客体と同様に確固たる基盤を持つ現実である。主観的要因はもう一つの世界法則である。
 これに基づいている者は、客体に依存している者と同じように確かなもの・永続的で妥当なものをよりどころにしている。 ただし、客観的事実には衰滅や偶然性がつきものであるため、いつまでも同一の状態にとどまっていることができないように、主観的要因も変わりやすく個人的な偶然性を免れない。

 自分の自我を自己と混同して、自我を心的過程の主体に祭り上げてしまう。主観的な好みや見解は客体の影響力よりも強力である。すなわち心的価値が高いため、あらゆる印象を凌駕してしまう。

 内向型の人にとっては客体がつねに決定的でなければならないという考え方が理解できない。 なぜ主観的な立場が客観的な状況に優先しなければならないのか、外向型の人には理解できない。

 意識の中で主観的要因が優越しているということは客観的要因が評価されていないことを意味する。客体は本来なら与えられているべきはずの意味を持たされていない。

 自我が主体であると要求するようになると、その補償として客体の影響力の無意識な強化が生じる。客体や客観的事実は圧倒的な影響力を持ち続け、個人を無意識のうちにとらえ、抵抗できない強制力をもつだけに、ますます逆らうことができなくなる。自我が可能な限りの自由を確保しようとすればするほど、すなわち独立と優越を望む一方で義務を負おうとしないと、客観的事実への隷属状態に益々陥ってしまう。精神の自由は屈辱的な経済的依存にしばられ、無頓着な行動が世間のヒンシュクを買い、卓越した道徳性がつまらぬ関係の泥沼に陥り、相手を支配しようとしたつもりがみじめにも愛されることを追い求めるはめになる。

  客体が意識的には過小評価されているにもかかわらず、不安をもたらすほど大きな位置を占めてくる。最後には自我は安心を得るために儀式体系を自分のまわりにはりめぐらせ、優越妄想だけでも守り抜こうとする。 客体への不安から一種独特の気おくれが先に立ち、自分自身や自分の意見を主張できなくなってしまう。他人の鮮烈な激情を恐れ、他人の影響下に入ってしまうのではないかという不安を打ち消すことができない。

 内向型の客体との関係は幼児的―太古的。客体はあたかも呪術的な力をそなえているかのようになる。なじみのない客体は未知の危険を秘めているかのよう。

出典:『タイプ論 心理的諸タイプ』ユング みすず書房
Psychologishe Typen Zehnte,revidierte Auflage 1921

※なぜ、くどくどと定義にまつわることをやっているかというと、
この先エニアタイプについて語るにおいて、 こういったが意味するところをとらえておかないといけないと思うからだ。
イメージではなく、定義が大事だ。

タイプ(類型)について、イメージで語ると、類型をとらえることはできないだろう。


 
コメント
コメントする